艤装

2017年4月 7日 (金)

バイキングフラッシュロッドホルダー再入荷

ホエールです。

Flash
欠品が続いていたバイキングフラッシュロッドホルダーが再入荷しました。

Lash2
細かい点ですが、バイキングロゴがかっこいい!

【バイキング・フラッシュロッドホルダー販売ページは↓↓】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/012004000001/012/004/X/page1/order/

取り付けは、このロッドホルダーをつけたいところに裏かえしで合わせて

1
マスキングテープで四隅を貼って位置を決めます。

2
マスキングテープで囲った四角のセンターを出してマジックで目印をつけて

3
ホールソーで穴あけします

ちなみにこのフラッシュロッドホルダーの細い方の経が46mmちょっとあるので、ホールソーは45mmを使っています。

そしてフラッシュロッドホルダーは楕円形なので・・・

4
ヤスリで削っていきます。

時折フラッシュロッドホルダーを入れながら、なるべくぴったりにしてあげます。(大きく穴をあけすぎると浸水しやすくなるので)

5
で、穴がうまくあいたら、アルコールウェットティッシュで綺麗にして乾拭きした後にシリコンコーキングをべったりと

6
ポリエチレン艇の場合は付属のタッピングビスでネジ止します。
(ABSやFRPは裏からワッシャーとナットで支えるか、リベットを使った方がいいと思います)

7
はみ出たコーキングを拭き取って・・・

8
増設完了です。

今回は忍で増設してみたのですが、忍の場合はサイドハンドルの前と、この純正でついているフラッシュの後ろが定番増設ポイントというところでしょうか。

まず、フラッシュロッドホルダー分のカヤックの高さ(厚み)があるところにしか打てないので、そこのところだけ取り付け前によく確認が必要です

2017年2月 4日 (土)

KF写真館 & 気になる新製品…

チャンマツです。

まずはKF写真館のご紹介から…!


ハンドルネーム【kensugi】さん

Image1

Image2

【コメント】
アバシで釣りました。
バラシ連発でフック交換の大切さを感じました!(腕のせい)。
サイズは小さいけど初浮きって事で(笑)!


御投稿有難うございます…!
もしかすると今期初の三番瀬シーバス釣果投稿かもしれませんね〜。
ちなみに同じ時間に弊社のホエールも浮いていたのですが、釣果は……。
まだ湾奥干潟のデイゲームでは時期的に早いので、中々難しい釣況の中での貴重な1本ですね!
しかも当店のメジャートレイを使って頂いて恐縮ですm(_ _)m!

もしかすると次の潮回りで数も上がってくるかもしれないので、最寄りにお住まいの方は是非チャレンジしてみて下さい!


話題は変わって、先日当店取り扱いのBMOジャパンさんから2017年の新カタログが到着。

早速中を拝見したところ、早速気になる商品が…

…リチウムイオンバッテリー関連で新商品が登場!

従来品のアウトドアバッテリー4400の兄貴分。
容量と端子の大きさをUPした「リチウムイオンバッテリー11.6Ah」!
Img_7079
できれば魚探・電動リール両方を1個のバッテリーで…という場合、アウトドアバッテリー4400ですと、容量もそうですが端子の大きさ的にワニグチ2組はちょっと厳しいのですが、このバッテリーなら約2倍以上の容量(11600mAh)で、ワニグチ端子もサイズによっては3組まで装着可能!
Img_7083
しかもすべり止めのラバーまで装着されている芸の細かさ…
充電器付きで43,800円(税別)と価格も比較的リーズナブル!

そして驚きの新製品…「ホンデックス魚探用バッテリーパック」!
なんと、電池フタとバッテリー本体が一体化したカートリッジ式的なバッテリーシステムです。
Img_7080
純正のフタを外してワンタッチで装着!
容量も高容量の充電式乾電池を超える16時間稼働というスタミナにもビックリです!
Img_7081
価格も充電器セットで9,800円(税別)と、専用設計のリチウムイオンバッテリーとしては破格な気がします。

今回横浜のジャパンフィッシングショーでは出展されなかったのですが、大阪フィッシングショー、名古屋キープキャストで展示されるようなので、気になる方は現物をご覧頂ければと思います。

もちろん当店で取り扱い致しますので、「ホンデックス魚探用バッテリーパック」は5月あたりからのリリースになりますが、「リチウムイオンバッテリー11.6Ah」と併せてご予約も承りますので、気になる方は遠慮なくお問わせ下さい…m(_ _)m

2017年1月31日 (火)

ガーミン魚探のケーブル端子ワニグチ加工

チャンマツです。

55バッテリーに続いて、ガーミン魚群探知機の「BMO・アウトドアバッテリー4400」向けのサービスを始めました…!

ガーミン魚探の箱出しの状態での電源ケーブルは…
Img_7069
赤&黒線の先端にワニ口クリップ端子を結線するだけなのですが、線の太さが心許ないのと、ヒューズケースも簡素なタイプになっているのが気になります。

で、水が入りにくいタイプのヒューズケースの交換と、熱縮チューブを重ねての線の補強をしてみました。
Img_7073
Img_7074
一応使用するヒューズケースの名称が「防水ヒューズケース」となっているのですが、長時間の水没は微妙な気がするので、防滴程度と捉えたほうが良いかもしれませんが…
とはいえ、箱出しそのままでワニ口を結線するのとではだいぶ違うはずです。

Img_7076
有料のサービスになってしまいますが、当店ガーミン魚探とアウトドアバッテリー4400両方お買上げの方に限り+2000円(税込)で加工を承ります。

スタッフ(チャンマツ)のスケジュールと受注状況によっては若干お時間を頂くかもしれませんが、極力納期は魚探本体と同時に出荷できるよう努めますので、何卒宜しくお願い致します!m(_ _)m

2016年12月10日 (土)

新規追加商品 & 艤装魂

チャンマツです。
今日はwebショップページの方に新規商品を追加しました!
Cameramountkit0Cameramountkit1
「レイルブレイザ・カメラマウントキット」です。
ぱっと見「カメラマウントアダプタにアジャスタブルエクステンダーをセットにしただけじゃん!」…と思われるかもしれませんが、

Cameramountkit2
よく見ると付属のアジャスタブルエクステンダーが通常と異なり、スコッティ社で言う「スリップディスク」的なパーツが追加され、ノブが排除されているのが特徴です。
カメラマウントの場合、微妙な角度での設置、設置箇所によってはノブが邪魔だったりするのを考慮したのではないかと察します。
Cameramountkit4
恥ずかしながら仕入れたチャンマツ本人も、ただの「カメラマウントアダプタ&アジャスタブルエクステンダーのセット」と思っていたので、入荷した現物を見て初めて気づきました(汗)

【レイルブレイザ・カメラマウントキット】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001328/


最近youtube、SNS等でカヤックフィッシング動画をUPされる方も増えてきたので、もしチャレンジされる際は参考にしてみて下さい…!

艤装パーツ繋がりで続いて「艤装魂」のご紹介です…!

ハンドルネーム【ゆなりなパパ】さん
【タイトル】小さな艤装・大きな存在
1
31
21
【コメント】
先日、デスペラードで初出艇してきました。
とくに艤装のいらない艇だと思っていましたが・・・

海上で釣りをしている最中、急いで移動しなければならない場面に遭遇した時に少しでも早く、トラブル無く移動できるように竿受けとしてGホールドを追加しました。
簡単な艤装ですが参考になればと思い投稿します。



いつも御投稿有難うございます!
まだカヤックフィッシングデビューから半年で、前回御投稿頂いた初めにご購入されたニモ2+1もそうですが、今回のデスペラードも流石ご職業がら上手く纏まっております!
今回はレイルブレイザ社のレールマウントを使って、エクステンダーからGホールドを分岐させるパターンですね。
当店のステッカーも貼って頂いて恐縮ですm(_ _)m
まだまだデスペも納艇直後なので、今後の拡張が楽しみですね〜。

2016年12月 7日 (水)

艤装魂&スレイヤープロペル動画UP

今日はkayak55スタッフによる艤装魂の紹介です…!

【チャンマツ】
レイルブレイザロッドホルダーの意外な使用法 & エクステンダー拡張

以前お客様に御投稿頂いた艤装魂を拝見してふと気づいたのですが…
スコッティのロッドホルダーで角度無段階式にするには「スリップディスク」が必要になるのですが、レイルブレイザの場合は何も追加することなく無段階になるのです…!
方法は簡単です。
Img_6939Img_6940
Img_6938
ロッドホルダー側の接地面をぎゃくにしてスベスベの部分にアジャスタブルの部分をカマす…以上です!

次にレイルブレイザ・エクステンダー…
ただ、単純に延長するだけの地味なパーツです。
以前、同社のレイルマウントパーツを使ってスターポート増設の方法はご紹介しましたが、今回はトラックレールを追加!
(レイルマウント、トラックレールと名前が紛らわしいですが・汗)
これも比較的簡単!…
今回はヤックアタック社の4インチレールを使いまして、適当な長さのタッピングビスで強引に固定!
Img_6937Img_6936Img_6935
設置面は隙間が空きますが、意外にもグラグラしません。
何となく色々と隙の無い形に組み合わせられそうです。
しかもトラックレールベースなので、スコッティ社のパーツと併用できます♪


…話題は変わりまして、先日配信のUSTで紹介した、サウスウインドスタッフ・ナガさんとのコラボ釣行「ネイティブウォータークラフト/スレイヤープロペル10」の実釣動画をyoutubeでUPしました!

Screenshot_1761
【ネイティブウィータークラフト・スレイヤープロペル10/東京湾奥シーバス釣行】
https://youtu.be/0goC1AIh4-w

プロペルシリーズ含む、ネイティブウォータークラフト社製品は、すでにkayak55.comでも正式に取り扱い開始しており、いよいよ来期には史上初のABS製の足漕ぎ艇「スレイヤープロペル12LT」「スキマー120プロペル」も国内入荷!
タイミングが合えば、横浜で開催されるジャパンフィッシングショー2017内のカヤックフィッシング連合ブースで現物展示も…???
また詳細が分かり次第告知致しますので、引き続き宜しくお願い致しますm(_ _)m

2016年11月 9日 (水)

KF写真館&55魚探バッテリーセット

チャン松です

まずはKF写真館から…!

ハンドルネーム【プロフィッシュラッシュ】さん
1_2
2
3
4
コメント:
風は緩いが波がざわついてうねりも入る状況のせいかスロジギは不調で(言い訳です)、お昼までボーズ。

浅場から300mまで全くダメ。
心が折れかけ50-60mラインまで戻るも秘技「釣れるまで帰らん!」を発動。

以前の55m実釣ポイントの青物っぽい反応にハイピッチでしゃくりHIT!
イナダ?と思いましたがあがってみればメジマグロでした。
そのあとは続きませんでしたがマハタを追加し帰着となりました。


いや〜、すぐにバキッバキに心が折れる(折る?)自分としては耳が痛い…(^ ^;)
やっぱり釣果には「折れない心」は重要です!
しかし、メジマグロとは凄い!
今期はちらほら小型メジマグロの話は聞いておりましたが、中々カヤックフィッシングでお目見えできる魚種ではありません。
数年前まではカヤックでマグロなんて考えられませんでした…!
まだまだ日本のカヤックフィッシングは色々な可能性があるようです♪



さて、先日のブログの続きですが…

以かなり以前を紹介した「バッテリー防水化」…PELICAN(ペリカン)社の防水ケースと、本多電子社の充電式鉛バッテリー&純正充電器&ヒューズ付き電源ケーブルを活用したセットです。

Imgp5008Imgp5007
これの利点は、ケースを開けることなく充電ができること!…そのまま充電器にコネクターを繋げ、充電器の青ランプが付くまで放置。あとは魚探に繋ぐだけ♪

Imgp5003_2Imgp5009
ご存知の方も多いと思いますが、この本多電子の電源ジャックは、ある規格の2ピンマイクジャックを同じ形状で、このマイクジャックを流用すれば、本多電子社以外の魚探でも併用することができます。(ただしメーカー保証外になる場合がございますので悪しからず…)
Img_6832
今回作成したのは、横浜サウスウインドのナガシマ様分。
一緒に注文頂いたガーミン・choMAP CHIRP 55dvの電源コード先端に2ピンマイクジャック(オス)を取り付けたのですが、これまで使用していたPS-501CNも併用できるので丁度かと思います♪

すでに取り扱っているBMOのリチウムイオンバッテリー4400も、さらにコンパクト&軽量でかなりの良品なのですが、もう少しスタミナが欲しい…という方にはこちらのバッテリーセットがオススメです。


…で、今回からこのバッテリーセットを受注を開始することにしました。
充電器とセットで26,800円(税込)です。
(画像はナガシマさん持ち込みのケースのため、カラーはブラックのみとなります)
ガーミン魚探と同時購入御希望の場合は、ガーミン電源ケーブル先端のジャック取付も承ります(別途工賃が必要になります)。

Imgp5010
※ステッカーは付きません

■55魚探バッテリーセット

Imgp4991

バッテリー:制御弁式鉛蓄電池(7.2Ah)※本多電子取り扱い品
サイズ:206×167×90mm(数値はケースのみ。ケーブル・防水パーツ含まず)
カラー:ブラック
重さ:約3.1kg
ケーブル長:約25cm(2m仕様も選べます)

Imgp5005

付属充電器:本多電子/ホンデックス・V-410
価格:26,800円(税込) ※ケースの価格の都合で変動する場合がございます。
納期:1~10日 ※部材入手の納期により変わる場合がございます。

【推定作動時間】※気温、使用状況、魚探の設定次第で変動するので、あくまで御参考まで…
ホンデックス社4.3型ワイド画面の機種:約30時間(メーカー表記)
ホンデックス社5型ワイド画面の機種:約20時間(メーカー表記)
GARMIN choMAP CHIRP 45dv:約16時間(kayak55.com推定)
GARMIN choMAP CHIRP 55dv:約13時間(kayak55.com推定)

少々値段は張りますが、それなりのバッテリー容量で扱いが楽なのでオススメです!
お見積・御希望の方はメールにて承ります!(info@kayak55.com)

2016年8月17日 (水)

スキマー・ほんのわずかな一工夫

ハリケーンカヤックスのスキマーシリーズにおいて共通なのですが、一体式のシート、こちらは収納時はベルトを締めるのですが、ちょっとだけ背もたれが車載時にちょっとパカパカ動いてしまうんですよね。

55
ベルトを締めても、逆さにすると
これぐらい落ちてきてしまいます。

これをピタっと収めたい!

という声があります。

解決方法は簡単です。

55blog2
シートの背もたれの裏側、一番上のプラスチックのところにバンジーコードを通します。

55blog3
バンジーコードの端を結んで輪っかにします。

55blog4
ぐいーんと伸ばして

55blog5
股の間のハッチにひっかけるだけ

これでぴたっとシートが抑えられて、車載時に逆さにしてもパカパカしません。

ちょっとの工夫ですが、これでかなり上げ下ろし時にストレスが軽減されます。

もしスキマーをお持ちで、背もたれのパカパカがきになる方はぜひお試しください!

2016年8月14日 (日)

ガーミン魚探&新規入荷情報

チャン松です。

先日入荷した備品のガーミン・echoMAP CHARP 55DV…本当は今週水曜か金曜に実釣で試用する予定でしたが、今の所絶望的に浮けない天候…orz

折角バッテリー配線に2ピンマイクジャックを追加して、1組のDCスターポート&バッテリー艤装で、ガーミン、ホンデックス製魚探と併用できるようにしてみたのですが、しょうがないので今日は店内で振動子を付けてBMOのリチウムバッテリーで連続稼働で稼働時間と電圧耐久実験中。
Img_6567
(ちなみにBMOのリチウムバッテリーは満充電直後で16V前後。ブログ記事を書いている現在でLEDメモリ残り2(約5時間経過)で14Vの状態です。実際現場で使用している状況とこ異なるのであくまで御参考まで…)

メーカースペック上では許容電圧が10〜20Vとなっていて、代理店アナウンスでは15V以下となっているのですが、ボートでの使用上での文言なので(航行中の電圧の上下に因る?)もしかすると大丈夫かも?と思いしばらく自分が試しに人柱になって不具合上等で使ってみますが、当面は専用バッテリー、または他社リチウムイオンバッテリー使用時は降圧回路を併用して常時15V以下にされることを推奨しております。すでに同機種を導入されている方はリチウムイオンバッテリーの併用の際はくれぐれもご注意下さい。


さて、今日は新規商品でバスフィッシングルアーを追加致しました!


【B.P.Bait/ロングザッパーUB(アンダーブレード)LP仕様/2016新色】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001227/ct99/page1/order/

L_zapperub1
発泡製・100mm・7/8オンスクラス
ベリーに追加されたアンダーブレードとサイズUPによりノーマルのザッパーよりもアピール力UP!
タダ巻きだけでも効果的にバスを引っ張り出してくれます。
フックの個数も2個になり、フッキング率も向上。

UBアンダーブレードリグを介してブレードを装着することでライントラブルを軽減。ブレード暴れを抑えることで、リトリーブ&アクションが安定します。
その日のバスの活性に合わせてノーマルザッパー、ザッパーミチコと併用することで釣果UP♪

【B.P.Bait/ヒッター】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001228

Hitter1
発泡製・80mm、21グラム。
国内のトップウォーターにおいてハネ物とは…ポコポコパタパタと派手にクロールしてくるルアーです。
ボディ形状は細めのシェイプでカヤックみたいにお腹がキールっぽくなっているので姿勢、引き具合が安定しています。
このヒッターはそのカテゴリーに含まれますが、水面をヒタヒタと焦れるくらいにゆっくりとアクションする事が出来るハネ物で、他の一般的なタイプのハネ物よりもジックリとゆっくり誘うことができます。もちろんその日のバスの機嫌に合わせてノーマルリトリーブで大きくアクションして使うのもOK!


2016年3月23日 (水)

アルフェック限定スプリングキャンペーン & 艤装魂番外編

チャン松です。

少々早い話題ですが、今年のゴールデンウィークは多い人で10連休らしいです…ちなみにkayak55.comは通常通り月・木休みなのですが…(泣)
そろそろゴールデンウィークに向けてのお見積りが増えてきました。
やはりこの時期ですとファルトボートのタンデムの問い合わせが多くなり、ファミリーユース使用の方が多いようです。
そこにちなんで、期間限定のキャンペーンを行うことにしました!

Screenshot_1535

普段当店ではすでに浮力体・4ピースパドル×1本の特典を付けておりますが、アルフェックで来月4月19日のご購入までに限り、キッズ(子供)用パドルをプレゼント致します!
是非今年のゴールデンウィークはご家族でカヤックライフを楽しんで頂ければと思います♪


そして、久々のkayak55.comスタッフによる艤装魂ですが、今回はカヤックではなくSUPの艤装(?)…

昨年から何度か練習がてらSUPに乗って、試しにロッドホルダー・魚探・GPS・を搭載し、まだSUPに不慣れなのでGPSで速度をちょこちょこチェックしながら漕いだのですが、立っていると距離が遠い上、目線が頻繁に下向きになるとバランスに差し障って鬱陶しく感じてました。

20151210_071233

おそらく慣れていけば目線の問題は多少解消するのかもしれませんが、魚探、ロッドホルダーは仕方が無いのですが、まだSUPのキャリアが乏しい自分にはGPSは見やすい方が都合が良いので、梅干し大のチャン松脳を使って考えた結果、パドルに付けることにしました…!

Img_0225 Img_0224

すでにスターポート&レールマウントでカメラを付けているのですが、1個スターポート&レールマウントを追加して、手元側にGPS(アタッチメントアダプタ&ガーミン純正ホルダーで取付)、ブレード側にカメラを自撮りに装着しなおしました。


Img_0223
多少ウエイトは重くなりますが、パドリングにはさほど支障なさそうです。
実際現場で試してみて重さが気になるようなら、いっそのことカーボンパドルに乗り換えてしまえば良いんじゃないかと思ってます(爆)

当然カヤックもそうですが、艤装が完成すると次の出撃が楽しみになってきますね〜!
う〜ん、次はいつ浮けるかな…?

2015年9月18日 (金)

ガーミンeTrex用ホルダー

チャン松です。

先日、半年ブリぐらいにガーミン・eTrex専用マウントホルダー単体とマリンマウントセットが入荷しました。
意外と品切れして暫くの間、購入を断念されていた方が多く、お待たせして大変ご迷惑をお掛け致しました(もう他所でご購入されているかもしれませんが ; ;)…

このホルダー単体の方ですが…コレ単体では、ほぼ使用するのは困難です。
別途RAMマウントか(だったらマリンマウントセット)、何かしらの工夫が必要になります。

Img_5782
その使用例ですが、以前アルミステー金具を使った方法を弊社ホエールが紹介しましたが、今回は簡単にレイルブレイザ対応にする方法を紹介します。

Img_5774Img_5775
必要なのは本製品ホルダー単体と「レイルブレイザ・アタッチメントアダプタ」です。
それぞれのパッケージに同梱されているパーツはこれらですが、
実際使うパーツはコレだけです。
ガーミンマウントのビスは短・中・長の3種の内「長」ビスとナットそれぞれ1個。
アダプターは本体と樹脂大太ワッシャーとステンワッシャー。

Img_5776Img_5777
組む順番はこんな感じ。マウントのビス&ワッシャ穴は上下2箇所で、設置方法に応じて選びます。

Img_5778Img_5780
本体は完成ですが、できればコレにレイルブレイザ・アジャスタブルエクステンダーを併用すれば、ほぼ3軸で向きが調整できます。

コレの応用ですが、アタッチメントアダプタとアジャスタブルエクステンダーを活用すれば、DIYで色々な物をマウントすることが可能だと思います。

ご参考になれば幸いです…m(_ _)m



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ