入荷情報

入荷情報

2017年11月18日 (土)

レイルブレイザ社艤装アイテム新登場!

チャンマツです。

今日はレイルブレイザ社の新製品が入荷し、webショップページにも追加致しました…!

Rodtube1
Rodtube3
【レイルブレイザ・ロッドチューブ】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001644


レイルブレイザ(RAILBLAZA)社のチューブ状のロッドホルダーです。
スコッティ社で言えば「ロケットランチャー」や「ロッドマスターII」に相当するシンプルなタイプのロッドホルダーです。
漕行中の仮置きや、なるべくリールの位置を海面から離して置きたい場合に便利です。
根本が従来品同様に一定パターンで角度調整できます。


Tracloader_star3
【レイルブレイザ・トラックローダー(スターポート)】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001646


Tracloader_side1
【レイルブレイザ・トラックローダー(サイドポート)】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001645/012/002/X/page1/order/


Tracloader_1
カヤックデッキ・ラゲッジの壁面へ横向きに設置したトラックレールや、特定のカヌー・ボートでトラックレール対応のガンネル(船縁)への設置に適応した、トラックレールカスタムのスターポートとサイドポートです。

使用例としては、後部ラゲッジ周辺表面に十分なフラットスペースが無いためフラッグマウントベースの設置が困難な場合に、ラゲッジ部壁面に
トラックローダー(サイドポート)をトラックレールを介して設置したり、同社従来品の「ミニトラックポートトラックマウント」だと使用用途によっては、マウントごと回転してしまい使いにくいことがあり、その場合はナット2点止めのトラックローダー(スターポート)を使用したりなど、工夫次第で色々活用できると思います。


2017年11月14日 (火)

フィールフリー/アングラーシート&キングフィッシャーシート入荷

チャンマツです。

今日はシットオンカヤックシートの入荷!

予てから人気の高いフィールフリーの「キングフィッシャーシート」と当店新規で入荷しました「アングラーシート」の2種です。

アングラーシートの方ですが、一般的な付属シートよりクッション性が高く、背もたれがローバックタイプになっています。
Ff_anglersheet1Ff_anglersheet2
一番の特徴はシート背面にチューブ式のロッドホルダーが2個装備されていて、ロッドホルダーの拡張を容易に行えます。
Ff_anglersheet0
特にタンデム艇では単座の際、カヤック本体デッキ上で適切な位置にロッドホルダーを増設しにくいので、このシートを用いれば無理にカヤック本体へ加工することなくロッドホルダーを拡張することができるので便利です。

キングフィッシャーシートですが、座り心地重視の方々に大人気。「アングラーシート」以上にクッション性を向上しています。
Accessories_seats_large_kingfisher
背もたれがハイバックなので、パドリング時の背中の干渉を気にされる方も居られるかと思いますが、このシートに限った事ではありませんが、シートのセッティングを若干背もたれを倒し気味にして、パドリング時は背筋を伸ばしで漕いで、実釣の時は背もたれに寄り掛かるといった形で対応すれば、さほどパドリング時に邪魔になることは無いかと思います。
King4 King2
お尻が痛くなりやすい方で長時間の釣行にオススメのシートです…!

【フィールフリー アングラーシート】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001638/002/005/X/page1/order/


【フィールフリー キングフィッシャーシート】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000000513/002/005/X/page1/order/



2017年11月11日 (土)

ZX‐130 “FLASHER”

今日、これがKAYAK55に届きました。

1
2
ゼクサス ZX‐130 “FLASHER”

これがどういう道具かというと、点滅ライトです。
懐中電灯としてのためのものではなく、点滅のみのアイテムです。
(本来はナイトウェーディング時の点滅ライトです)

この間、海上保安庁さんでおこなわれた

カヌー及びSUPの安全対策に係る意見交換会

に出席してきたのですが、その中で

カヤックの安全装備としてストロボ機能付きライトの携行が推奨されていました。

Kayak55ではカヤックは安全上、基本、明るい時間の行動を強く推奨しています。

日の出以降の出艇、日没前の着岸、これは安全上ぜひ徹底いただきたいところ。

ですから、このアイテムは日中が大前提のカヤックフィッシングにおいて、基本的に普段使わないアイテムとなります。

ただ、万が一、夕方に遭難をしてしまい、救助が暗くなってしまった時・・・わずかな光源であっても点滅ライトの有無で海上保安庁さん側からの救助のしやすさが変わってくると思われます。

なかなか大型の懐中電灯でしかも完全防水型というと商品としてあまり無いのと、大きさ的にPFDへの携行が難しいですが、このゼクサス ZX‐130 “FLASHER”はIPX7の防水でかつ小型なのでPFDのポケットに入れておくことができるサイズだと思います。
(※カヤックに積んでいると、カヤックと自分が離された時に使えない)

使わないことに越したことがないですし、使わないままになることがいい装備です。ですが、万が一の時の装備品として持っておくと良いではないでしょうか。

今日は実は電池が無くて実際に点灯してみることができなかったのですが、明日電池を買ってきて夕方以降に写真を撮影してショッピングページに掲載したいと思います。

そのページを見ていただいた上で、もしよろしければご検討ください。

【ZX‐130 “FLASHER”】
—————————————————————
明るさ:約10ルーメン
カラー:ブラック
使用電池:単4形アルカリ電池 x 1本(別売)
電池寿命(アルカリ電池使用時):約72時間
本体サイズ:約 幅23x高さ72x奥行23mm
質量:約16g(電池別)
防水性能:水深2m(IPX7相当)
—————————————————————

2017年11月 8日 (水)

旧型モンベルドライスーツ(セミドライ型)セール!

Screenshot_3353
昨年モデルのモンベル・ドライスーツをセール価格で販売します。

カラーはサンセットオレンジのLとXL、1着づつのみ。

※同社のスーパードライスーツではないのでご注意ください。

何が違うかというと・・・

手首、首、足首がネオプレンガスケットのモデルという点です。

ですので、ドライスーツという名前ですが、セミドライというふうに考えてください。

ラテックスと比較すると完全防水ではありませんが、これまで、同型のネオプレンガスケットのパドリングジャケット、パンツを使ってきましたが、水が入ってもツーっと一筋二筋ぐらいという感じで、かなりの防水性があります。

ちなみに、別売りのリトルプレゼンツのP-3ソックスと合わせると完全防水ではないものの、足元はソックス付きのような感じにできます。

0000000012432

【P-3ソックスの販売ページ】

http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001243/009/003/X/page1/order/

なにより、腰部が分離しているセパレートタイプのパドリングジャケット、パドリングパンツよりも万が一の沈の時には腰部からの水の侵入がないので、よりリスクは少ないウエアになる点は魅力です。

本当はフルドライスーツがやはりこれからの季節はおすすめではありますが、金額的に厳しい・・・という方にお勧めです。

いずれにしても在庫は1着づつなので早いもの勝ちという感じです!

【モンベル・ドライスーツ(ネオプレンガスケット)の販売ページはコチラ】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001305/009/001/X/page1/order/

2017年11月 7日 (火)

エルゴフィット セーフティーナイフ入荷

A
ロープ類を切断するためのレスキューナイフの装備をKAYAK55ではお勧めしています。

万が一の沈の時など、パドルリューシュコードなどが自分に絡まった時、切断するものがPFDのポケットに入っていないと・・・想像するだけで怖いです。

僕はこういったナイフ形状のレスキューナイフを使っています。

特徴は先が丸まっていて、レスキュー時に自分を傷つけにくくなっているところ。そして波刃であることでロープへの食い込みが良いところ。

ただ、このナイフタイプのレスキューナイフが今年はそうそうにかなり売り切れてしまい、入荷がちょっと先になりそうです・・・

ということで、今回あらたにこちらの商品を入荷しました。

B
エルゴフィット セーフティーナイフ

これはロープの切断だけに特化したセーフティーナイフです。

メリットは・・・

◆レスキューナイフよりも自分を傷つけるリスクがさらに低い。

◆コンパクト。

◆カヤックフィッシングの帰りに警察に職質されてもまず大丈夫であろうというサイズと形状。

ためしてみたところ、あまりにも太いロープの切断には向きませんでしたが。。。

C
5mm程度の金剛打ロープなどは・・・

D
スパっと一瞬で切断できました。

パドルリューシュのバンジーコードなどなら、さらにスパっと一瞬で切れるでしょう。

Kayak55のユーチューブ・kayak55ムービーでまた安全装備の特集をしたいと思っていますが、パドルリューシュを使うシットオンではこういったなにかしらロープ切断用のレスキューナイフやこのロープカッターなどの装備は必須だとも思っています。

私は、13年以上カヤックフィッシングをやっていて現場でレスキューナイフを使ったことはありません、使わないことに越したことがないアイテムです。でも、万が一の時にあるとないとでは生死を分けるポイントになるかもしれません。

このアイテムではなくてもいいです、ぜひひとつ、こういったレスキューナイフ類の装備をしていきませんか!?

エルゴフィット セーフティーナイフのご購入は以下より
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001631/002/007/X/page1/order/

2017年11月 1日 (水)

カヌーワールド最新号他入荷!

チャンマツです。

カヌーワールド最新号と他ムック本が再入荷しました!
Img_0812

【カヌーワールド VOL.15】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001632/003/O/page1/order/

VOL.15は、パドリングがみるみる上手くなる"コツ"を指南する巻頭特集「即効! パドリング上達法」から始まり、全国の最新フィールド紹介「CW厳選! フィールドガイド」、アドベンチャーレーサー・田中正人さんのインタビュー「水辺の漕ぎ語り」、「芳地直美のプカプカ水上散歩」、「カヤックビルダーを訪ねて」など、魅力的なコンテンツが目白押し! ビギナーからベテランまで満足していただける内容です。

【超入門 パドリングテクニック教書】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001231/003/O/page1/order/

カヌー、カヤックの専門誌『カヌーワールド』で、創刊号から2016年に至るまで紹介されたパドリングテクニックを持て余すことなく、この1冊に集約!
再乗艇、レスキューなど、カヤックフィッシングに関するテクニックも掲載されており、シーカヤック、リバーカヤックのカテゴリーにもリカバリー、ローブレイスターン等のカヤックフィッシングでも役に立つテクニックが含まれているので、是非参考にして頂きたい内容になっています。
ただテクニックだけでなく、キャンプツーリングレポート記事、エキスパートパドラーの方々のコラムも掲載され、よりカヤックへの興味が高まることうけあいです♪

【カヤックフィッシング教書】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/003000000017/003/O/page1/order/

なんとまるごと一冊カヤックフィッシングのムック本。
しかも144ページオールカラーで、カヤックフィッシングの全てが分かる一冊です。
ベテランからこれからカヤックフィッシングを始める方まで、まさにイチオシの雑誌♪

2017年10月31日 (火)

レイルブレイザ新製品

チャンマツです。

当店スタッフのホエールが本日から遅い夏休みで連休を頂き、土曜まで1人での営業になります。
もしかしますと、すぐお電話に出られなかったりとレスポンスが遅くなったり、ご迷惑があるかもしれませんが、何卒宜しくお願い致しますm(_ _)m


今日はとりわけネタが無いので、まだ入荷がしばらく後になりますが新製品のご紹介…

レイルブレイザから新しいロッドホルダーとトラックマウントが登場します。

Screenshot_10
筒状の汎用ロッドホルダー「ロッドチューブ」。
抜き差し簡単な仮置き向けの形状になっています。

Screenshot_09
そしてトラックレール向けに改良されたスターポート「トラックローダー」。
スターポートとサイドポートをトラックレール対応にした物で、画像はデッキ壁面横向けトラックに設置してますが、通常の上面のトラックでも使用できます。

Screenshot_08
そのトラックマウントに対応したトラックレール「エキスパンダートラック」も登場しますが、こちらは来年リリース予定。
パーツの組み合わせで1.8/5/8インチの3パターンの長さになるという変わり種です。

Screenshot_11
あとはしばらく入荷しなかった樹脂製カートの「C-TUG」の砂地対応タイヤのカートも仕入れる予定です。

また各アイテムが入荷した際に詳しく解説したいと思います…!

2017年10月21日 (土)

明日は臨時休業です&バウンダリー他入荷!

以前から告知をしておりましたが、明日は東北の震災チャリティーイベント

絆カップ

に参加するため、kayak55実店舗、およびkayak55トップページ更新、臨時休業をいただきます。

そのまま月曜日が定休日のため、2連休となります。

通信販売につきましても、即納商品も最短で火曜日の発送となります。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。


絆カップは残念ながら今日21日は天候悪く、カヤックフィッシングでの参戦を諦めました・・・こればかりはしょうがありません。

さて!

今日は新入荷商品が入ってきています!

なんといっても目玉は・・・・

Img_1014
【NRSバウンダリー・シューズ】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/009003000007/009/003/X/page1/order/

の再入荷です。

まだ時期的にはkayak55で置いてあるシューズとしてはマジックシューズがちょうど良い時期。

でも、気温・水温が低下してきたらこのバウンダリーシューズです!

5mm厚のチタン織込ネオプレン、インソールは7mm厚。そして、ロング。

真冬のカヤックフィッシングはほんとに足の感覚がなくなるぐらい寒くなります。極寒の日はちゃんとドライスーツを着ていても、どの部分よりも先に足先に限界がきます。

このバウンダリーシューズは、出艇時にブーツの喫水を越えないようにサッと乗り込めば、ブーツ内がドライな状態が保てます。

Img_1016
Img_1018
縫い目がシーリングがされているのもキモです。

濡れてしまうと、それが乾いていく時に気化熱で体温が奪われてしまうため冷たくなるわけで、それを防ぐことができるわけです。

こちら関東では、12月下旬ぐらいからだんだん足先が耐えられなくなってくるのですが、このブーツの中、ドライスーツのソックス内部にウール製のソックスを履いているとほんと、ぜんぜん違ってきます!

それだけで釣りの集中力が断然続く。

このNRSバウンダリー・シューズはこの冬はもうこの入荷が最後になります。
まだ時期的にはちょっと早いですが、売り切れる前にお早めがお勧めです!

あと、小物になりますが・・・

ウエアの補修材が欲しいというお声がありましたので入荷してみました。

まず一種類めが

Img_6783
アクアシール

http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001627/ct128/page1/order/
アクアシールはウェット系素材の補修に最適。ウェット系ウエアやネオプレンブーツやネオプレングローブなどの補修に向いています。ちょっとしたピンホールであればそのまま傷を覆い隠すように塗って乾かすだけでも補修できてしまいます。たとえば上記のバウンダリーシューズ、ホエールは輸入された頃から長年履いてすでに踵に穴が空いてしまったのですが、このアクアシールで補修していまなお現役で使っています。

そして、もう一種類が

Img_1901
シームグリップ
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000001628/ct128/page1/order/
シームグリップはアクアシールより柔らかい仕上がりになるので、どちらかというとドライ系ウエアの補修に適しています。ドライスーツの裏側のシーリングの剥がれであったり、釣り針でピンホールを空けてしまった、ソックス部に穴が空いてしまった等はこのシームグリップで補修してみてください。小さい穴であればそのまま傷を隠すように大きく塗ってもらうだけでOK。大きな破れは同素材のあて布をこのシームグリップで貼り付けてください。

カヤックフィッシングって、けっこう過酷なウエアの使い方をします。でも、まだ使えるのにピンホール程度で諦めるのはもったいないです!

先日のブルーエース入荷、palmのドライスーツなど秋、冬モノ、続々と入ってきています。

季節に合わせたウエアリングで楽しく安全にカヤックフィッシングをしていきましょう。

2017年10月18日 (水)

KF写真館&ウエア入荷のお知らせ

昨日、すでにフェイスブックの方では告知しましたが、生産が遅れに遅れていました・・・

Screenshot_3122
ブルーエースのロングジョン
http://shop.kayak55.com/shopdetail/009002000001/009/002/X/page1/order/

そして

Screenshot_3121
ブルーエースのマジックシューズ
http://shop.kayak55.com/shopdetail/009003000004/009/003/X/page1/order/

Screenshot_3120
ブルーエースのマジックソックス
http://shop.kayak55.com/shopdetail/009003000005/009/003/X/page1/order/

が入荷となりました。いやぁ〜秋のシーズンに間に合いましたね!

ただ、ボレロは再入荷見えてきません(涙)

ロングジョンはまだドライスーツには暑い日、でもラッシュガードではもはや寒い日などにはいいベースとなります。この上にボレロを来たり、化学繊維のシャツを着て、さらに寒くなったらパドリングジャケット羽織ったりすればいいですし、とにかくロングジョンは一枚あるとかなりツブシが効くウエアだと思います。なにより、一番大切なのは、万が一の沈の時に生身よりリスク軽減されるところです。

マジックシューズもこの季節にぴったりですね。まだちょっとバウンダリーシューズ(長靴タイプのネオプレン)では暑い、でも、もはや裸足にクロックスでは冷たい・・・という状況になってきます。ネオプレンブーツはやっぱりサンダルより暖かいです。さらに寒くなったらマジックソックスを履いてその上にマジックシューズを履くとさらに暖かさもアップします。

あとは、レイブンパンツなどのソックス付きのドライパンツの場合、サンダルだと砂が侵入してソックスがすぐに摩耗してダメになってしまいます。ソックス付きパンツはこういったネオプレンブーツで守ってあげたいですね。

この台風が早く過ぎ去って、良いカヤックフィッシング日和が戻ってきて欲しいものです!

さて・・・

今日はバスフィッシングの写真館投稿をいただきました!

まずは釣果をご覧ください!

ハンドルネーム【みかん】さん
Fullsizerender
Img_4599
Img_4600
【コメント】
10月に入り、関東は急な冷え込みに見舞われていますが、バスは意外にも高活性で、秋らしい巻物の釣りが展開できています。

10/14、早朝3時間だけの釣行でしたが、シャッドで42センチ、スピナベで35センチクラス、フラットサイドクランクで40センチと、中々良い釣りができました。

しかしビッグベイトでもっと大きなラージをバラしてしまいました…ので、次回はさらなるサイズアップを狙いたいと思います。


みかんさん、ありがとうございます!

きてますね!秋のカヤック+バスフィッシング。

秋はバスがきたる冬を乗り超えるためにベイトを追い回して広範囲に散る時期と言われています。

そういったバスをキャッチする上でマキモノといわれる、横方向に広く探れるルアー(クランクベイト、スピナーベイト、ミノーなど)が有効とされています。

とはいえ、急に暖かくなったり、寒くなったりして、バスのレンジがころころ変わる時期でもあり、そう教科書通りにはいかないのがこの時期。特に急な冷え込みや秋雨前線の雨はバスの活性を著しく下げることも多い。

そんな中で、ルアーをきっちりローテーションして、40アップ含めた良い釣りされています。さすがです!

バスはまだまだオフシーズンにはなりません!カヤックバス熱いですね、僕自身もまだまだフィールドに通いたいと思います。

そんなみかんさんですが、5年ぐらい前からブログもやっていらっしゃって、今日からKAYAK55トップページでもリンクさせていただくことになりました。

【みかんの『埼玉県民60UPを釣る】
http://mikan60up.naturum.ne.jp

ありがとうございます!

今後共、末永くよろしくお願いいたします。

2017年10月15日 (日)

GARMIN/STRIKER 7sv

チャンマツです。

今日客注分でGARMINのSTRIKER 7svが到着…

Img_7742
■STRIKER 7sv + GT52HW-TM 魚探・振動子セット
税込85,320円

echoMAP CHIRPの主力機能の1つ、等深線作成機能「クイックドローコンツアー」&海岸線・地図表示等を省いて、魚探画像を巻き戻してポイントを記録するトラックバック機能、航跡・ポイント表示記録機能に限定した白ベースのDGPSマップを採用することでコストダウンし、サイドビュー機能は欲しいけど「echoMAP CHIRP 75sv」では予算が…という方にお勧めのサイドビュー対応の7インチモデルです。

まだショップページに加えてはいないのですが、意外と問い合わせで指名買いされる方が多いです。
自分からすると「クイックドローコンツアー」が有ったほうが…と考えてしまうのですが、よくよく考えてみると最近はバス専門のカヤックアングラーの方も多く、霞・印旛水系メインで釣りをするならば、クイックドローよりもサイドビューが機能的な優先するもの確かに…と思いました。
もちろん海の方でも対象魚・釣りのスタイルによってはサイドビューを優先した方がいいケースも少なくないでしょう。

ショップページは後日作成するつもりですが、ご購入の受付はできる状況なので、気になる方は遠慮なくお問い合わせ下さい…!


ちょっと気になったのが、このSTRIKER 7svとechoMAP CHIRP 45cv(55cv)を2台体制で使ったらどうだろうか…?
バッテリー&配線の方はすでに頭の中で解決しているのですが、後は振動子…メーカーの方で推奨しているやり方でないので伏せますが腹案が1つ…
致命的な問題はSTRIKER 7svと専用振動子GT52HWを1組必要になるので、購入するための店の予算が…最悪自腹で買ってしまうか目下検討中です(汗)

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ