« ドライスーツの補修 | トップページ | GARMIN魚探2018年モデルついに到着…! »

2018年1月20日 (土)

バス釣りにも向いている忍

ホエールです。

バイキングの冬のキャンペーン、おかげさまで今年も大変たくさんのご注文をいただいております。

1
暖かくなってからカヤックフィッシングを始めようと思っていらっしゃる方も今バイキングカヤックを買っておくとだいぶお得です!

期間は2月末日までとなっておりますので、ぜひご検討ください。

そんな中、今日はバスアングラーのお客様から忍のセンターコンソールのサイズについての質問がありました。

忍は海で使っている方も多い機種ですが、バス釣りにも大変オススメな一艇です。

7
これがバイキング・忍

8
この黒い蓋の中が独立した隔壁になっていて、タックルボックスなどいろいろなものを入れておけるスペースになっています。同社のプロフィッシュもそうですが、ホントにこれが便利。これに慣れるとセンターコンソール無しになかなか戻れなくなります・・・

で、忍のセンターコンソールの場合はこれぐらいは入ります。

9
フロッグのミニ・トイボックスを入れてみます。1つのボックスにこれぐらいルアーが入ってます。

10
このフロッグのミニ・トイボックスだと4つ余裕をもって収まります。

良い機会なのでメジャーを当てて写真を撮ってみたので、参照してみてください。

2
コンソールの縦は一番長いところの内径で68cmぐらい。

3
コンソールの横は内径で19cm弱ぐらい

4
コンソールの内側の高さは16.5cmぐらい

トップウォーターオンリーの場合はこんなにボックスを持ち込まないので、同社で言えばニモのようなもっとシンプルな艇でも十分だと思います。

ただ、僕のようないろいろなルアーをオールマイティーに使うバスアングラーの場合はどうしても持ち込むルアーが多くなってしまいます。

トップ、マキモノ、ワーム・・・なんでもやるぞ!そういうオールラウダーのバスアングラーの方には、この忍、ほんとにオススメです。

あと、この忍がバス釣りにも向いている理由は

12
立って乗れるほどの安定性!
写真はバイキングカヤックのアレックスさん。

この立って乗れるほどの安定性は立って釣りをするというよりは、乗り降りの時に有利なのです。
(普通は座って釣った方がいいです!笑)

バス釣りだと護岸からの乗り降りが多くなると思います。ちょっと段差があるとカヤックへの乗り降りがほんとに怖いんです。でも、この忍なら乗り込む時に立ったままいけるぐらいなので、とっても乗り降りがしやすいのです

13
特にタックルを2本はもちこんで、トップからボトムまでいろいろやりたいカヤックバスアングラーの方には忍、ほんとにオススメです!

« ドライスーツの補修 | トップページ | GARMIN魚探2018年モデルついに到着…! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バス釣りにも向いている忍:

« ドライスーツの補修 | トップページ | GARMIN魚探2018年モデルついに到着…! »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ