« スコッティー | トップページ | KF写真館 »

2017年3月22日 (水)

ATOLL田中さんご来店

8
今日は関東にお越しになっているアトールの田中さんにご来店いただきました。

アトールルアーはオカッパリやボートからはもちろんカヤックから実釣を重ねて開発されています。そうなればやっぱり使ってみたいじゃないですか!

現在kayak55ではバーチカル用メタルジグのコノハBとシーバスやフラットフィッシュのキャスティングゲーム用のテールスピンジグのJJシャクラ30gを置かしていただいているのですが、これからどんどん在庫のラインナップを増やしていこうと考えています。

2
3
今回は、新作のウッド製ジョイントトップウォーター「カウダ150」を持ってきていただきました。

ウッド製でジョイントはやばいです。1つ1つ浮力調整がシビアなルアーを2個作っているようなものですから・・・めちゃくちゃ手間がかかっています。それでもやはり釣果的にジョイントならではの魅力があるので、大変だけど作りたかったそうで、3年のテストの末に発売に至ったそうです。

カウダ150は、石垣島レッドヘッドさんがカヤックからテストしてGTを釣りまくっているのは有名です。
カヤックアングラーとしてはぜひ手に入れたい逸品ですね!

関東では、これからの季節の青物のボイル、シイラなどに最適な仕様。九州などではヒラマサにもいいでしょうし。
ベイトが大きい時のシーバスにもいいでしょうし、バスだって釣れそうです。

150mmで36gは割りと普通のタックルでキャストできるウエイト。これがキモだと思います。やさしく投げればゴルゴでも投げれそう(もちろんオーバーウエイトなので自己責任ですが)

ウエイトが比較的軽い=カヤックからストレス無く、キャスト疲れせず、使い続けることができると思います。

Kayak55でも仕入れさせていただくことになりました。発売はおそらく今月末頃になると思います。

また、現在テスト中のモデルも見せていただきました。

4
ウッド製ペンシルベイト

こちらはまだ発売になっていませんが、現在かなり完成に近づいているそうです。垂直浮きのダイビングペンシルでジョイントポッパーとの使い分けで良さそうですね〜

5
コノハのグリッターカラーもできるそうです。
こちらも発売は近いそうです!

6
さらに、これがまた楽しみなのですが、コノハの小さいサイズもテスト中だそうです。
個人的にはスピニングで小さいコノハを無理くり深いところに落としこんでいったらめっちゃ釣れそうなのではないかと思っています。あーこれはまた楽しみだ!!

7
さらに、カウダやペンシルベイトの小さいサイズも開発中とのこと。
こちらはまだ時間がかかりそうとのことですが、まさに僕の好きなシーバスに普通に使えるサイズ!これもまためっちゃ楽しみです。

今年のカヤックフィッシング、アトールルアーが熱いですYO!
私ホエールも積極的に投入していきたいと思っています!

これらの特徴など、田中さんに動画で説明していただきましたので、4月4日(火)のkayak55ユーストリーム放送で放送したいと思います!お楽しみに!

« スコッティー | トップページ | KF写真館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/70012544

この記事へのトラックバック一覧です: ATOLL田中さんご来店:

« スコッティー | トップページ | KF写真館 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ