« 本日の進水式パドリング講習&KF写真館! | トップページ | タンデム艇の魅力 »

2015年11月17日 (火)

艤装魂 -スタッフによる艤装例-

チャン松です。

今日は自分の艤装魂を紹介致します。


【注意】
今回の艤装例は、一箇所のマウントベースへの荷重があるので、材厚の薄い箇所、あまり負荷を掛けるのが適当でない箇所への設置はお勧めできません。


紹介するのはレイルブレイザ社の艤装パーツの活用例です。

0
まずはホンデックス(本多電子)から別売されているシンプルな架台(現行品ではPSシリーズ、HE-601GPIIに対応)をレイルブレイザ仕様にします。この架台はHE(PS)-601GPIIに予め付属されているもので、PS-501CN(500C)への取付は、専用の防振ゴムも必要です。(両方ともwebページには掲載しておりませんが、お取り寄せ可能です)

1
レイルブレイザ・アタッチメントアダプタを組み合わせます。

2_2
架台の中心の穴が大きいので、何らかの方法でアダプタのビスのサイズに調整します。
たまたま適当なサイズのシリコンチューブがあったので、架台の厚さに切って埋め込みます。

3
ワッシャを重ねて架台裏側からネジ込みます。

4
表側にビスが出てきたらナット・ワッシャを組んで締め込みます。

5
架台が完成。通常PSシリーズに付属しているカバーよりコンパクトになります。

6
レイルブレイザ・エクステンダーに、スターポートをレールマウント使って合体。

7
あと、レイルブレイザ・アジャスタブルエクステンダーとロッドホルダーを加えて組み合わせれば、魚探+ロッドホルダーを集約したシステムが完成!

8
アジャスタブルエクステンダーの3軸に加えて、スターポート&レールマウントの接合部で、合計4軸可動。

9
同じパーツ構成で魚探の上にロッドホルダーがくる形にもできます!

特にエクステンダー+スターポート&レールマウント方法の応用で、一箇所のマウントベースで魚探+海図アプリが入った防水タブレットの設置、ロッドホルダーを2個設置するなど工夫次第で色々なパターンを組むことができます!

また時間があったら、これの応用例を後日紹介したいと思います。



 

« 本日の進水式パドリング講習&KF写真館! | トップページ | タンデム艇の魅力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/62554791

この記事へのトラックバック一覧です: 艤装魂 -スタッフによる艤装例-:

« 本日の進水式パドリング講習&KF写真館! | トップページ | タンデム艇の魅力 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ