« 本日のギアステーションにTAPP CRAFTさんが登場!! | トップページ | レールタイプマウントの注意点… »

2015年1月18日 (日)

忍のバウの凹みについて

2014年春に発売されて以来、大人気のバイキングカヤックの忍。

よく質問されるのが!

Shinobi2
忍のバウの凹み

これがなんのためにあるのか!?ということです。

このスペースは、実は「ルアー置き場」です。

ロッドを股の間やコンソールハッチの蓋に置いて、ポイント間をちょい移動する時、ルアーがティップにぶらぶらしていると、パドリングでティップが上下に揺れてかなり調子が悪いです。

その時にベイトならクラッチを切って、スピニングならベールを上げて、この凹みにルアーを置いて移動するとかなり快適なんです。

Shinobi3
こういう移動時にルアーは先端の凹みに置いてあります

また、ルアーだけではなく、今日店頭にお越しいただいたバイキングカヤックテスターのイチさんから写真をいただいたのですが……

この冬場、超人気のアマダイ釣りなどテンビンを使う餌釣りの場合、テンビンからさらにハリスが長く伸びています。

Sinobi
そのテンビンをこの凹みに入れると、かなり調子がいいとのこと!

ここにテンビンを置いて、自分の方にハリスを伸ばしておくわけですね。そうすると餌付けの時もストレスフリーです!

こういうちょっとしたところまで考えてあるのが、日本の釣りを想定した忍なんですね。

で……この先端の凹み、水が溜まってしまうとバウヘビーになってしまうわけで!

Shinobi4
必要最小となるように設計した小さいスカッパーホールがあいてます。

ごくごくまれにだと思いますが、この小さいスカッパーホールにエギのカンナやジグのフックがかかってしまい、ルアーが戻ってこないという現象がおこる可能性があります。

とはいっても、このスカッパーホールをつぶしてしまうわけにはいきません。波をかぶった時に水が抜けないからです。

それをどうにかできないものか?

Shinobi5
イチさんと、ご一緒に遊びに来ていただいたjinさんとホエールで「なにかよいアイデアがないか」を今日は考え続けました。

そこでjinさんのアイデアが良かったのでご紹介しておきます。

Shinobi6
ホームセンターで売っているシリコンシーラントのキャップ

これを

Shinobi7
カット

Shonobi8
さらにカット

Shinobi9
それを忍の先端の凹みのスカッパーに……

Shinobi10
差す!!

これによって、穴が小さくなる上に突起するのでフッキングの可能性が減るのではないか?

しかも穴があいているので水も抜ける。

さらに……

万が一、ここにフッキングしても!?

Shinobi11
スポッとこの蓋が抜けて手元に回収できる!?かも!?
(でもこれが使えるのは沖では一回限り……)

この部分、まだ何か他にも良い方法があると思うので、また良いアイデアが思いついたら試してご紹介してみたいと思います!

« 本日のギアステーションにTAPP CRAFTさんが登場!! | トップページ | レールタイプマウントの注意点… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/58626313

この記事へのトラックバック一覧です: 忍のバウの凹みについて:

« 本日のギアステーションにTAPP CRAFTさんが登場!! | トップページ | レールタイプマウントの注意点… »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ