« 本日(8/26)のkayak55ユーストリームは! | トップページ | »

2014年8月27日 (水)

ドラッギング用アンカー

今日は、以前kayak55でターポン120ウルトラライトをご購入いただいたお客様のO様のアンカートローリー用の艤装を店内でやらせていただいたのですが、そのお客様がアンカーとして流す予定というものがコチラ!

Drag
チェーンです

これに自転車のタイヤのチューブをかぶせて、アンカーとして使用するそうです。

チェーンをかぶせないと音がバスを警戒させてしまうし、ストラクチャーにひっかかってしまう可能性が大きくなるそうです。

たしかに、チューブをかぶせたチェーンならストラクチャーをうねうねと曲がって避けてくれそうです!


O様のスタイルはバスのトップウォーターフィッシング。

フォールディングアンカーで完全にカヤックを止めてしまうと効率が悪い。

でも、岸際のカバー周りの釣りでシーアンカーは使えない。

そうなると、少し抵抗をかけつつ、風下にカヤックをむけてゆっくりとカヤックを流しながらトップウォーターを撃っていきたい。

そのためのアンカーがこのチェーンにタイヤチューブをかぶせたアンカーだそうです。


実は、この方式をドラッグアンカーと呼び、アメリカではすでに一般的になっているそうです。

アメリカでももちろん海のカヤックフィッシングの世界もありますが、広大な内陸部を持つアメリカでは淡水のカヤックフィッシングがとても人口が多く、進化しています。

そんな中で、生まれたこのスタイル。


これまでホエールは淡水ではアンカーを使用することはほぼありませんでした。

それでも、風が強い時は流されながらダブルスイッシャー、スピナーベイト、ラバージグをどんどん撃っては回収する速いテンポの釣りでカバーしていました。

しかし、最近になってカヤックからのフライフィッシングを始めてみて、風がある日はやっかいだなぁ〜と思っていたところでした。

このドラッグアンカースタイルは、淡水のカヤックフィッシングに革命を起こすかもしれません!

ホエールも近々、今、メインで乗っている忍にアンカートローリーシステムを組んで、ドラッグアンカーをフライフィッシングで試してみようと思います!

O様、貴重な情報、ありがとうございました!

« 本日(8/26)のkayak55ユーストリームは! | トップページ | »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/57203764

この記事へのトラックバック一覧です: ドラッギング用アンカー:

« 本日(8/26)のkayak55ユーストリームは! | トップページ | »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ