« カヌー等愛好者に対する海難事故防止講習会 | トップページ | 新&再入荷予定情報 »

2014年3月15日 (土)

ハンドリベッターも販売します!

チャン松です。

最近は自力で艤装をされる方が増えましたが、未だに敷居の高い艤装作業で「リベッティング」があります。
普段日常で使われることが殆ど無いので、専門職の方でないと中々自力で手を出しにくい工具・パーツです。
でも実際やってみると作業自体は難しいものではありません。
強いて言えば、よく使用するフラッシュロッドホルダーは大穴を開ける作業が面倒でリベッティング自体は簡単な作業なのです。

Riveter1
これがリベッターです。

Riveter5
そしてこっちが、カヤックでよく使われる専用のリベット鋲です。
直径約5mmの穴を開けて差し込みます。

Riveter2Riveter3
リベッタ本体は鋲の芯の径に合わせて、差し込み口の径を交換します。
取り外しするためのレンチが付属してます。



Riveter4
無理に押しこむ事無く、スッポリ入るぐらいの差し込み口にします。


Riveter6
最終的に鋲のこの黒い部分が真ん中から開くことで固定されるわけですね。


さて、実際にやってみましょう!

Riveter7Riveter8
根本まで口を付けて、グリップを握ります。


Riveter10
大体一回目はこれくらい開きます。
まだまだですね。


Riveter11
グリップを離して、もう一回口を根本に付けてからグリップを握ります。

Riveter13
二回目はこれぐらい。
もうちょいですね。


Riveter14 Riveter15
で、三回目グリップを離して、もう一回口を根本に付けてからグリップを握ると…
最後は握りが固くなり、握りきるとバツン!と鋲の芯が折れてリリース!



Riveter16
裏側の黒い部分が開ききってますね。
よし完了!

なので、5mmの穴を空けるドリル、リベッターとリベット鋲がアイレットやJフックの追加ぐらいなら簡単にできます♪

ちなみに鋲を留めるのに有効な材厚(設置する艤装パーツも含む)があり、現在弊社で取り扱っているリベット鋲で約4〜9mmぐらいです。
仕入れ元によって誤差が生じる場合がありますので、端材等で一度使用する材厚で確かめて頂くことをお勧めします。


SHOP kayak55.com ハンドリベッター商品ページ】
http://shop.kayak55.com/shopdetail/000000000540




« カヌー等愛好者に対する海難事故防止講習会 | トップページ | 新&再入荷予定情報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/55384338

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドリベッターも販売します!:

« カヌー等愛好者に対する海難事故防止講習会 | トップページ | 新&再入荷予定情報 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ