« 進水式盛り上がってます! | トップページ | アメリカのカヤックフィッシングロッド »

2013年11月 9日 (土)

プロフィッシュのトランスデューサーホール

Profish
バイキングカヤック・プロフィッシュ45

プロフィッシュ45は振動子を通す穴が最初からついていて、振動子を引き上げることができるのが便利な艇です。

ただ、カヤックアングラーに最も使われているホンデックスの乾電池式魚探(500C、501C)の振動子はそのままではぴったりと収まりません。

引き上げた時、ちょっとはみ出てしまうんですね。それだと、艇の離着岸の歳に振動子を砂地や岩場に引きずってしまいます。

簡単すぎる加工で解決します。

Shindosi0
これがホンデックスの振動子

写真が使い古したホエールの振動子で申し訳ないのですが・・・(いろいろな艇で無造作にスカッパーから引き上げて使っちゃったりしているのでボロボロなのです)

Sindosi
振動子の穴を一部カットします。
糸ノコでいとも簡単にカット可能です。

Shindosi3
プロフィッシュ45のトランスデューサーホールからひっぱりあげたところ。

振動子の穴をカットしていないとでっぱってしまうのですが・・・

Shindosi4
カットすればこのように出っ張らずにぴったり収まります。

これで振動子が傷つきません。

ステー自作も不要、艇内部への内部引き込みも不要で、感度が高い魚探の運用が可能なのが素晴らしい!

ホント、これが実際、ものすごくいいんです。やっぱりシンプルにこしたことはない。

« 進水式盛り上がってます! | トップページ | アメリカのカヤックフィッシングロッド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/53876859

この記事へのトラックバック一覧です: プロフィッシュのトランスデューサーホール:

« 進水式盛り上がってます! | トップページ | アメリカのカヤックフィッシングロッド »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ