« カヤックの盗難が相次いでいます…… | トップページ | 今月のロッド&リールは…? »

2013年9月28日 (土)

バイキングカヤックについて

おかげさまで!

腰痛からも完全復活したホエールです。こんばんわ!

明日からフロッグさんが主催する滋賀県は西の湖のバス釣り大会にカヤックで参戦するため、関西出張に行ってきます!!

ということで、この土日はホエールは不在ですが、チャン松君がお店におりますので、ご来店の皆様はよろしくお願いします!!

さて!

ここのところ、バイキングカヤックに関するお問い合わせが多いので、kayak55.comというバイキングカヤックを取り扱っているいち小売店という立場でご説明いたします。

ショッピングページにはかねてより記載しておりましたが、お問い合わせが増えてきているのでもう一度こちらにてご説明しようと思いました。

バイキングカヤックはバイキングカヤックジャパン株式会社にて製造販売がされておりましたが、現在は

ジフィーマリーンジャパン株式会社

という会社に製造・販売が移り、工場も静岡県の清水に移っています。

「バイキングカヤックは製造終わったの?」と最近は聞かれることがあるのですが、そんなことはありません。

新工場で現在もしっかり製造がおこなわれています。

毎週のようにホエールは清水の工場にお客様から注文をいただいたバイキングカヤックをピックアップに伺っていますから!

新工場に移ってからは若干価格と仕様が変更となりましたが、仕様変更はパーツの配置だけです。本体自体はまったく変わっていません。メイドインジャパンも変わっていません。

型、素材、作っている人間も変わっておらず、品質はまったく同様ですのでぜひご安心いただければと思います。

ちなみに、バイキングカヤックを作っている方というのは、バイキングカヤックが日本に上陸して以来、一貫して製造を担当しているアレックス・ベネットさんです。

バイキングカヤックジャパン株式会社が日本に上陸して以降のバイキングカヤックに乗られている皆さんのお手持ちの艇、これらは全てアレックス・ベネットさんが作った艇になります。

アレックスさんはバイキングカヤックをデザインしたオーストラリア本国の社長マイケル・ベネットさんの息子さんにあたり、まさにサラブレッドなカヤック職人です。

また、取り扱いの会社が変わったことで、ご心配の声が多かったのは、バイキングカヤックジャパン株式会社時代の艇の「10年保証」(規定による)の件。

こちらはバイキングカヤックジャパン株式会社のホームページにも記載されていますが、10年保証
(規定による)は継続しておりますのでご安心いただければとのことです。

ちなみに、製造と販売がジフィーマリーンジャパン株式会社になってからのバイキングカヤックにも10年保証
(規定による)がついており、この点も変わりません。

いずれにしても、kayak55.comで自分が購入したバイキングカヤックがどちらの時のものか分からないという方もご安心ください。どちらの時代の艇でも10年保証は同様なんです。何かありましたらまずはkayak55.comまでお問い合わせをいただければと思います。

また、kayak55.comではジフィーマリーンジャパン株式会社になってからのバイキングカヤックの取り扱いを継続しておりますので、パーツ類もすぐに手に入ります。

例えばハッチの蓋が飛んでしまった、ハンドルを取り替えたい、純正のアイレッツが欲しい、プロフィッシュの股の間のハッチを新しくしたい、バンジーコードを張り替えたい……等のパーツ類のアフターも安心していただければと思います。

kayak55.comは、バイキングカヤックジャパンが日本に上陸する前、高階救命器具がバイキングカヤックを輸入していた時代からずっとバイキングカヤックを販売してきました。

高階救命器具時代のバイキングカヤックには10年保証はついておりませんが、パーツはかなりの部分で互換性があります。また修理用の端材なども取れますので、こちらの時代のものでkayak55.comで販売したものについても何かありましたらまずはご相談いただければと思います。

kayak55.comのバイキングカヤックの取り扱いは、スタッフのホエールが高階救命器具取り扱い時代のバイキングカヤックに乗ってに惚れ込んだことから始まっています。


自分自身が好きになったカヤックだからこそ、高階救命器具から販売権がバイキングカヤックジャパンに移ってからも取り扱いを継続しましたし、今回、ジフィーマリンジャパンに販売権が移っても取り扱いを継続しているわけです。

これまでkayak55.comではバイキングカヤックをたくさんお売りしてきました。その中には、ありがたいことに、ホエールが乗っているから買うと言ってくれたお客様も少なからずいらっしゃいました。

今後もkayak55.comはバイキングカヤックを取り扱っていきますので、これまでkayak55.comでバイキングカヤックを購入していただいたバイキングカヤックのユーザー、またこれからバイキングカヤックを購入しようかと思っている皆様にはぜひご安心いただきたいと思い、今日のブログを書かせていただきました。

ということで、長くなりましたが、小売店の立場としてのバイキングカヤックのご説明でした。




ここからは余談です。

販売元や輸入元が変わるというのはカヤックの世界ではよくあることで、カヤックアングラーで知らない人はいない、あのブランドやあのブランドなども、ホエールがカヤックフィッシングを始めた10年前とは既に販売元が変わってしまったりしていたりします。

でも、それって、あまりユーザーには関係のないことなんですよね。

ユーザーの皆さんは、自分が気に入った、自分が好きになった、自分の釣りのスタイルに合ったカヤックを選び、乗っていく、それで良いと思います。

我々、小売店はそれにお応えできるよう、取り引き先や仕入額などで限界もありますが、なるべくお客様が欲しいもの、お客様に自信を持って勧めたいものを少しづつでも揃えていくのが仕事です。

またアフターの面などもなるべく頑張りたいと思っています。


ちなみに、これまでkayak55.comが販売してきたブランド で、現在は販売元で輸入が止まってしまっているネイティブウォータークラフト(もちろん本国では稼働しています)、また、ここ数年、輸入量が一定しないためウェブショップページでの販売を止めてしまっているマリブカヤックスに関しても、これらは10年保証等はないカヤックですし、もちろん艇の寿命というものも今後は出てくるとは思いますが、アフターパーツなどはなるべく探しますし、なければ何か代用策など、対応を一緒に考えさせていただきたいと思っています。kayak55.comで購入されたお客様はメーカーにかかわらず、お手持ちのカヤックに何かあれば、とにかくまずはご相談ください。

バイキングカヤックジャパン株式会社の方では、今後は新しいJ-SPECカヤックというブランドを展開すると聞いています。まだ詳しい資料が来ていないのですが、こちらも詳細が待たれます。


kayak55.comは取り扱えるカヤックの範囲で、中立の立場で、今後も、少しづつにはなりますが、なるべく多くの種類のカヤックを取り揃えて皆様の選択肢を広げていくよう努力していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします

« カヤックの盗難が相次いでいます…… | トップページ | 今月のロッド&リールは…? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/53410976

この記事へのトラックバック一覧です: バイキングカヤックについて:

« カヤックの盗難が相次いでいます…… | トップページ | 今月のロッド&リールは…? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ