« 今日は進水式で三番瀬へ! | トップページ | 海復活!……の前に汽水開拓 »

2012年8月 5日 (日)

NPOブルーライフ定例活動・アマモの種選別

チャン松です。

先日、所属しているNPOブルーライフの定例活動の一つ、「アマモの種選別」のため、神奈川県水産技術センターにお邪魔しました。

金沢八景-東京湾アマモ場再生会議」主催による「アマモ種子選別&第21回海の環境学習会」と共同活動ということで、50名近くの一般参加者の皆様も加わり大賑わいでした。

海の環境学習会は大人から子供まで、一般の方に海辺の生き物の観察や、普段海に触れる機会の無い方のために海水プール遊び、水産技術センター施設の見学などの内容を盛り込んだ内容となってます。

で、ブルーライフメンバーは、一般来場前に、ある程度選別がしやすいよう下準備の手伝いから始まります。



Img_3815Img_3821


6月に採取されたアマモの種は 今日まで専用の水槽に保管されていたのですが、このままですと、余分なゴミや、貝、ゴカイ・イソメ等の生き物などが混在されていて、一般の方にはここからの分別はハードルが高いし、イベント開催時間も限りがあるので、ある程度選別がしやすい状態にします。

Img_3809Img_3808

保管水槽に使用されていたブロックに付着した種を取って、次の使用のために洗浄。

Img_3818Img_3822

ある程度水が澄むまで、手作業で攪拌しながら海水を入れ替えて、余分なゴミ等を篩いにかけて取り除きます。

Img_3825Img_3832

そうこうしている内に一般参加者の皆様が来場し、館内で海の環境学習会が開始。
スライドを使って専門家の方に、野島公園をサンプルに海でのアマモの役割、現在の分布状況を分かりやすく解説。

Img_3833

岩手県宮古の震災後のアマモ場の写真も展示。
震災の影響を受けてもたくましく生きてます!


Img_3836
いよいよアマモの種の分別収集の開始!

Img_3837Img_3839
ピンセットでアマモの種を拾って分別していきます。

Img_3843
この種類のアマモの種は乾燥に弱いので、シャーレに海水を浸した状態で行います。

Img_3840
屋外では水槽に混在していた生き物を大きな水桶に入れて、直に観察できるようにしてあります。
普段カヤックフィッシングをやっている僕でも、意外と見慣れない生き物が多かったです。

Img_3841
ブルーライフのメンバーも分別収集に参加。
写ってないけどチャン松もシッカリ働きましたよ〜!

Img_3844
休憩も兼ねたおやつタイムでは、地元三浦産のスイカが登場!


Img_3847
で、こちら神奈川県水産技術センターには実験的に行っているマダイの養殖場があり、スイカの皮はマダイのエサとして投入!

Img_3859
鯛まっしぐらでスイカに食らいつきます!
ちなみにココの鯛は人が近づくと、エサをくれると思って近づきます。やっぱ賢いんですね〜。

Img_3860
正午過ぎ、アマモの種の分別収集体験は終了し、一般参加者の皆さんは次のプログラム、アマモ場の観察&海水プール遊び・センター内見学に移り、ブルーライフ一同は活動完了!

参加者の皆様、主催・共催の皆様、ブルーライフメンバーの皆様本当にお疲れ様でした♪


ここで、アマモをご存じで無い方に…

アマモというのは海底に生えてる種子植物の1つで、ワカメ・昆布などの海藻と混同しがちですが、陸上に生える稲、麦等と同じ、根・茎・葉のある受粉して種子を作り繁殖する植物で、「海草」となっていて、生育域は湾内岸近くの干潟や汽水域を主とします。

これらの「海草」や「海藻」が群生している所を海草藻場と言い、葉などにプランクトンが付着し、それを捕食する小魚、エビなどの繁殖の場となり、さらにこれらを捕食するシーバス、クロダイなどのフィッシュイーターの捕食場の役割を持ちます。

さらには水中で光合成を行うので、そのエリアの溶存酸素の供給や水質改善に重要な要素ともなっていて、まさに沿岸の命の源となっているのです。

生育環境が整った箇所は問題ないのですが、開発の進んだ都市型港湾エリアでの自然による育成保全は難しく、現在東京湾などでは、岸部周辺の市民・NPO、企業、大学・研究機関、小・中・高校、漁業・遊魚船組合などの育成、保全活動により守られています。

当然釣り愛好家にとっても、アマモの存在というのはとても大きく、これから末永く海で釣りを楽しむためにも、こういった活動での協力・参加は重要だと考えています。

僕らが幼少の時代と比べて今の子供達は、海で遊ぶ機会が少なく年々海への感心が低くなっているのを感じています。
もっと僕ら大人達が子供達に海(淡水域もですが)に触れる機会を作ってあげていかいないと解決しない問題だと思います。

以前ご紹介した「ビーチクラブ」もそうですが、まず僕ら大人達がこういったイベントに参加して子供達に海遊びを教える術を学ぶことから初めることが重要だと考えます。

途中から、堅い文になってしまいましたが、難しい話は置いといて…
参加して頂けるとよく分かりますが、これらのイベントは親子、家族、友人同士でも楽しめる内容となっているので、一度是非機会を作って頂いて参加して頂ければと思います。

またこういった活動報告も当ブログでご報告させて頂きますので、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m


« 今日は進水式で三番瀬へ! | トップページ | 海復活!……の前に汽水開拓 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/46588231

この記事へのトラックバック一覧です: NPOブルーライフ定例活動・アマモの種選別:

« 今日は進水式で三番瀬へ! | トップページ | 海復活!……の前に汽水開拓 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ