« 強風にご注意を! | トップページ | ケイラボ・ファイバーグラス、泣きの一本! »

2011年5月 2日 (月)

ダーワン

カヤックフィッシングは、ルアーでやってもいいし、エサにこだわってもいいし、フライにこだわってもいい……カヤックフィッシングは懐が深いですよね。

私は基本的に「ルアーマン」です。

ですから、カヤックの釣りもルアーをメインにやっています。

その他のスタイルを否定するのではけっして無く、ただルアーが好きなんですね。

で、現場に持っていくルアーは何を基準に選ぶか?

釣果をアップさせるには、やっぱり「フィールドにルアーを合わせる」のが一番先にきます。

私はシーバスをメインにカヤックフィッシングをしていますが、やはり浮きに行く先々の水深を考慮して、その水深を攻めるのにマッチしたルアーを選びます。

つまり「レンジ」です。

例えば、水深1mから2mのような干潟を攻める場合、あまりにも潜り過ぎるルアーでは攻められません。

逆に水深が10mあって、シーバスが底べったりにいる状態で60cmしか潜らないルアーを使っても釣果は期待できません。(もちろんシーバスが浮いていれば釣果が出ます)

これはシーバスだけではなくジギングやエギングにも言えることですよね。ジギングやエギングの場合は、まずはその水深で底が取れるものが最低限の条件になるはずです。

で、話をシーバスに戻すと、まずはレンジが合っていればその先は割とアバウトでいいと思っています。

私の場合はレンジの次にくる優先順位として、ルアーのアクション。その後にサイズ。最後にカラーの順番で絞り込んでいきます。

最後のカラーに関しては、ぶっちゃけ絞り込みの要素から外してしまってもいいと思うぐらい、あまり関係性を感じません。

そうやって、システマチックに絞り込んでいき、見事にハマって魚が釣れた時の感動!!これは素晴らしいものです。

でも、それでは物足りなくなってくる時があります。

ルアーってのは不思議なもので、消耗品のようで消耗品ではないです。自分が海と会話する一つの手段だったりもします。

家で眺めてウットリしたりできます。(それを肴に酒が飲めるぐらい)

道具を楽しむ部分が非常に強いのがルアーの特徴でもあります。

「このルアーで釣ってみたい!」

そういう発想の釣りができることが、ルアーの良さだったりするんではなかろうかとも思っています。

ただ釣るだけではない何か……がそこにはあります。

だから僕は「使いたいルアーに合わせてフィールドを選ぶ」こともよくします。


いくらよく釣れる!と言われていても、そこで使うルアーが僕の好みやスタイルに合わないとあまり楽しめなかったり……逆に好きなルアーを使って、なんとか1本釣れればそれの方が最高だったり。


きっと、ルアーManの方は多かれ少なかれ、そういう気分を味わったことがあるはずです。


で、最近、むしょーーに「カヤックからこのルアーで釣りたい!」と思ってるのが……

P1220889
ワンダー
(僕らはダーワンと呼んでいます!笑)

何をいまさら感満載ですが……

昔のTEAM N.Wの陸ッパリ釣行記などを読んでいただくと分かると思いますが、僕の中で昔から夜の港湾部の陸ッパリで最強を誇るハードルアーです。(ソフトルアーではグラスミノー最強!笑)

07102826
ワンダー60で70アップ

ワンダーは元々、サム山岡さんがバス用としてデザインしたものをラッキークラフトが量産したルアーです。

そう、最初はバス用のジグミノーという扱いでした。

いつしかシーバスがよく釣れる!と話題になり、今やシーバスでは定番中の定番です。

リップが無いので弾丸のようによく飛び!

着水してからは水平姿勢でロールしながら魅力的にフォールし!

ただ巻きだけでユラユラと完全に小魚の泳ぎを再現している!

シンキングペンシルという一つのジャンルを築いた偉大なルアーです。

シーバスではオリジナルサイズであるワンダー80が主流ですが、僕はなんといってもワンダー60が可愛いくて好きです。

ほんとに陸ッパリでは美味しい思いをさせてもらいました。

ただ、基本的にはゆっくり巻くルアー。

夜の陸ッパリからほぼ足を洗い、日中のカヤックからのシーバスゲームにどっぷりハマっていった僕は徐々にルアーを激しくジャーキングする釣りがメインになっていき……次第に使わなくなっていました。(ちょっと存在さえ忘れかけていました)

しかし、先日、カヤックからのブラックバスで、激渋の中、最後のシャローのポイントでたまたま使ったワンダー(この時は45)でバスを釣った時に……「ヤバイ!ワンダーの釣り楽しい!」って再びワンダー熱が上がってしまいました。

日中に使うと水面直下を泳ぐ姿がクッキリ見えるんです。

今まで夜のゲームでは気付かなかったのですが、ワンダーはただ巻きだけではない!ことがこの日、よく分かりました。

微妙なリーリングスピードの変化だけでアクションを変えることができる!ことに気付きました。

これは……僕が考えていたよりよっぽど奥が深いルアーかもしれない!

日中のカヤックシーバスでワンダーを極めたい!

そう思ってしまったのですね。

ワンダーは基本的には巻くと水面直下を泳ぐ設定です。

つまり、使うシチュエーションは水深が浅い場所かシーバスが浮いている状況。

このルアーで釣るための場所に釣行することが一番の近道。

今週はワンダーに合わせたフィールドに釣行してみようと思います。

そんな「使いたいルアーで釣るためのカヤックフィッシング」ってのも面白いと思います!

« 強風にご注意を! | トップページ | ケイラボ・ファイバーグラス、泣きの一本! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/39836167

この記事へのトラックバック一覧です: ダーワン:

« 強風にご注意を! | トップページ | ケイラボ・ファイバーグラス、泣きの一本! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ