« 今、カヤックフィッシングと気象について書いてます | トップページ | BLUE LIFEさんハシゴ・その1 »

2011年2月17日 (木)

本日の更新について

まず、本日のkayak55.comの新着ブログでは、このブログを含めて上から8つまで、同じテーマについて書かれています。(関連するブログはブログ名の五十音順にさせていただきました)

ある一つのテーマに書かれていますが、その対象となっている方とは先日お電話でいろいろとお話しをさせていただきました。

そして、この件について多数のブロガー様が記事をアップすること、そしてそれはkayak55.comで新着ブログとして掲載されることはその方も了承済みです。

また、実際にお話をしていろいろなお話を伺いました。そのお電話の内容はその方の思いというものがとても伝わるものでした。

しかし、それは今、ここで書くことは控えます。私たちの言葉を通しての代弁では意味がないと思うからです。

ですので、このブログにおきましては、kayak55.comと今回の件への関わりに限定して書かせていただきます。

まず、その地域の現状をある程度は知っていたにも関わらず、該当ブログ記事をkayak55.comでの新着ブログとしてご紹介したことが今回の発端になったことは言い訳ができない事実です。

地元カヤックアングラーの皆様を始め、多くの方々にご迷惑とご心配をおかけしましたことを、心からお詫びいたします。

kayak55.comでは安全やマナー、そして天候を把握することの大切さをずっと大切にしてきたつもりですが、いたらない部分がありました。


kayak55.comでの新着ブログの更新において、十分な配慮が必要でした。今回の更新の責任は全て、kayak55.comのホエールこと赤澤克哉、チャン松こと松永匡充にあります。

大変申し訳ありませんでした。


そして、今回、この問題について書かれた方々の記事を読ませていただき、皆様が今後のカヤックフィッシングについて本気で、真剣に、建設的に、議論を投げかけていらっしゃるということが伝わってまいりました。

私たちのようなカヤックフィッシングのショップを運営している人間こそが誰よりもそういう姿勢であるべきなのに、お恥ずかしいかぎりです。

そして、地元の方とのメールのやりとりの中で、これまではある程度だったその地域のシビアな状況の認識がより鮮明に分かりました。

kayak55.comとしての認識が甘かったと言われてもしょうがありません。


皆様とは少し切り口が違ってきてしまう駄文ですが、もしよろしければおつきあいください。


現在は北海道から沖縄まで、多くの方がカヤックフィッシングを楽しんでいらっしゃいます。

日本は海に囲まれた島国です。
しかし、日本は縦に長い国で、海岸線の模様は様々です。

内湾の穏やかな場所、条件によって大きな波が打ち寄せる砂浜や磯場、漁業の盛んな場所、潮流の激しい場所……etc。

それぞれの場所でそれぞれのスタイル、そしてローカルルールが生まれてくるのは当然です。

私たちが普段釣りをしている千葉県、神奈川県、西伊豆などだけとっても、ここ数年で場所場所で細かいローカルルールが生まれてきています。(この海岸には駐車できない、この場所では出艇は控えよう、この場所では午前○時以降に出艇しよう……など)

私たちが知る限りのカヤックアングラーの全ての方が、マナーとモラルの高い方々ばかりです。ですから、ローカルルールが生まれるわけです。

意識が無ければローカルルールさえ生まれません。

私たちがkayak55.comを設立した理由が、各地域のカヤックフィッシングの楽しさ、その地域に合ったスタイル(艇や艤装など)、そして安全やマナーの面の情報をより多くの方に見ていただくためのサイトができたら……という思いからでした。

それはとても私たち個人では無理な話でした。
現在kayak55.comにご参加いただいている全国の素晴らしいブロガーの皆様のおかげさまで、それは実現しています。

本当に感謝してもしきれません。

カヤックフィッシングブロガーの皆様の意識の高さは、他のウォータースポーツの方に胸を張って誇れるほど、その地域で大切にカヤックフィッシングの文化をあたため、素晴らしい形で発展させ、楽しさも伝えていらっしゃいます。

こういう素晴らしい方と同じ趣味を共有できて幸せだなぁ、と思いながらいつも読ませていただいております。

そして、今後新たにカヤックフィッシングを始められる方が増えてくる中で、今回のようなローカルルールの大切さの部分が今後の大きな課題となってくると思います。

今回、kayak55.comの認識の甘さがあったにも関わらずこんなことを書くのもおこがましいのですが……

その情報の共有などにもkayak55.comは出来る限り貢献していきたいと思っております。まだkayak55.comにどんなことができるかは分かりませんが、皆様のおかげで運営をしている以上、それは義務だと思います。

こんなに素晴らしく楽しいカヤックフィッシングという趣味が、死亡事故の発生や釣り禁止、カヤック禁止が増加するような悪しき趣味にならないために、何かできることはないか模索していきます。

今回の件で襟を正し、大きく成長するためのチャンスとさせていただければと思います。

本日の更新はそういう思いでさせていただきました。

このたびはご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんでした。
ご批判は甘んじて受けるつもりです。下記メールアドレスが窓口になります。

今後ともkayak55.comを何卒よろしくお願いいたします。

2011年2月17日
赤澤克哉
松永匡充
info@kayak55.com


追伸
昨日(2/16)、私たちがカヤックフィッシングを始めた場所へ改めて浮きに行ってきました。

浮遊感。パドリングに高鳴る胸の鼓動。お尻の下に広がる海。そして水平線。広く広がる蒼い空。

1km沖の非日常の空間。

やっぱりカヤックフィッシングは最高でした。
この趣味が末永く続いていくために、一つ一つにはなりますが行動してまいります。

Screenshot_23

« 今、カヤックフィッシングと気象について書いてます | トップページ | BLUE LIFEさんハシゴ・その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1452089/38902706

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の更新について:

« 今、カヤックフィッシングと気象について書いてます | トップページ | BLUE LIFEさんハシゴ・その1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ